那須野 正恵

スマホの使い過ぎ~脳とメンタルへの影響

つい手に取ってしまうスマホ。気づけば一日の隙間時間はすべてスマホを眺めて終わったという事もあるかと思います。

しかしこのスマホの使い過ぎが原因で、脳や精神に異常をきたしている人が増えているそうです。

 

【脳の過労】

脳は情報を入れた後、整理整頓し記憶を定着させるのですが、スマホから文字や映像の膨大な情報が絶えず脳に流れる事で、情報処理が追い付かなくなり「脳過労」という状態になっているようです。以前は物忘れといえば高齢者が多かったのですが、今は30代~50代でも物忘れが激しくなり、判断力や意欲も低下しているという事です。心あたりのある方も多いと思います。

 

【スマホは息抜きにならない】

息抜きのつもりでスマホを見ていても、そのうち脳が情報で満杯になり逆に疲れをためてしまいます。そうなるとこれまで好きだった趣味も楽しめなくなり、何もする気がおきなく、結局またスマホを見てしまうという状態になってしまいます。

 

【デジタルデトックスで本来の生活を取り戻す】

デジタルデトックスとは、デジタル機器の使用を意識的に控える事です。そして自然に触れたり現実世界をより感じる生活を送るという事です。

完全に離れる必要はなく、色々な方法があります。

例えば…

・入浴中、食事中、就寝前はスマホを見ない

・起きてすぐスマホをチェックしない

・人と会話中にはスマホを触らない

・移動中はスマホを触らない

・デジタルデトックスプランのあるホテルで宿泊体験する

 

【デジタルデトックスの効果】

まず脳の疲労が取れる、睡眠の質が上がる、ストレスが軽減される、他の事に時間が使える

等が期待できます。また時間にゆとりが出来る事で生活習慣も改善されます。

 

【スマホは使い方】

スマホは連絡手段としてみんなが使用していますし、調べものをするのに大変便利です。完全に

手放すことは出来ませんが、家族みんなで話合い、出来るところからデジタルデトックスを実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事